お知らせ・婚活コラム

NEWS

結婚相談所でお見合い!「何を話していいのかわからない…?」  【男女共通編】≪第7回≫

2020.10.23 婚活コラム

婚活でお見合い相手から好感度よく感じてもらう話し方とは?

 

1.一度でもお見合いを経験した人は、この気持ちがわかる?

 

両隣でお茶をしているカップル達は楽しそうで、隣の話しが聞こえてくるほど。

お見合いの最中では、お相手との話しの間が空いてしまう時もありますね。

気持ちばかり焦り「何か話さないと…」、考えても出るのは汗ばかり。

もちろん、『お見合い』という通常でない状況に緊張してしまって話せなくなることもあるでしょう。

その気持ちは良くわかります。

なぜなら、こんな風にいっている私も人前で話すのが大の苦手で、頭の中が真っ白になるタイプだからです。

人前で上手に話せ、惹きこむような話しで笑までとるような人もいます。

某テレビ番組の「○○〇○ジャパン」のように、理不尽な場面に出くわした時でも、理路整然と誰もが納得いくような事を言えたなら、さぞかしかっこ良いでしょう。

あなたは話し方とはもって生まれた才能であると思い込んで諦めていませんか。

もしそんな話し方の秘訣があるとしたのなら、教えてほしいものですよね。

お見合いでの話し方やその技術は改善もできれば、向上もできるものなのです。

それは、トレーニングで変えられます!

「な~んだ」と思った方いらっしゃいますよね。

魔法のように、その極意を知れば次の日から話せるようになれば簡単ですよね。

残念ながら、なかなかそんな魔法はないものです。

でも今、婚活されている方にはこれからの人生の方が長いはず。

トレーニングで変える事ができたなら、少しでも変わっていくものではないでしょうか。

「今からトレーニングって、それじゃあ、次のお見合いまでに間に合わない」

と、思う人もいるかもしれませんが、何もしなければ、そのままです。

変わろうとした時から、魔法はかかるものなのではないかと思います。

それでは、私が学んだ事をお教えしますね。

 

 

2.『印象を変える』のは言葉以外の表情、姿勢、しぐさです

 

同じことを話しても声のトーン、表情、姿勢、しぐさで印象は大きく変わります。

声も小さい声だと聞きとれず、頼りなく自信のない人という印象になってしまいます。

また、声が高すぎても低すぎても聞きとりづらいものです。

発音や滑舌も悪いと、伝えたい事の半分も伝わらないということもあります。

早口や、相手が話す隙も与えないと、お相手も疲れてしまいます。

それだけでも、たくさんのトレーニングがありますね。

 

 

3.鏡を使って、笑顔の練習や表情を改めて確認してみてください

 

表情筋も顔のマッサージでほぐれ、硬い笑顔から柔らかい笑顔に変わっていきます。

耳の下や、こめかみのあたりを指でマッサージしてみてください。

そして、笑顔の練習をしてみてください。

それだけでも、相手からの印象は変わります。

自分がどんな表情で自己紹介をしているか、鏡に向かって話してみてくださいね。

 

4.会話には相手に質問することも大切です

 

会話が続かないと悩む人は相手が答えやすいような質問をしてみてください。

お見合いの前にもう一度、お相手のプロフィールをチェックしておきましょう。

聞いてみたいことを、事前にメモをして覚えておくのもいいですね。

 

5.相手の話しを聞くことが話すことよりも大切です

 

質問をして、答えてくれた事に無表情でただ聞くだけでなく、相槌を打ったり、うなずいたり、笑ったりのリアクションをとる工夫をしてみてください。

お相手は「聞いてくれる」「共感してくれる」と感じます。

また、「へえ~」「すごいですね」「さすがですね」「知らなかったです」と返してあげると会話も弾みます。

逆にNGの言葉もあります。

相手を否定する言葉です。

「違うよ」「はあ?」「何をいっているの?」「それはダメでしょ」など、頭ごなしに否定する言葉は気を付けた方がいいですね。

 

 

6.お互いに相手をほめること

 

お世辞ではなく、本当に相手を見て感じた事でほめてあげてください。

ほめることで、相手は心を開いて好感を持ってくれます。

相手をほめるポイントは、人柄・能力・行動・立ち居振る舞い・外見、イメージ等です。

相手をほめたくても言葉のボキャブラリーが少ないと、どう言ってあげたらいいかわからない事もあります。

人柄では「明るいですね」「やさしいですね」「あなたがいると場が明るくなるね」など、色々とありますが、ボキャブラリーを高める努力も必要になります。

私も以前は、何かと言えば「すごい」「すごい」と、それしか知らないのかと言うほど連発しておりました。

それほど言葉が乏しかったのですが、これも、本を読んだり映画をみたり、生活の中で「言葉の引き出し」は増えていきます。

テレビで女優さんや俳優さんを見て、服装や見た目でほめる練習をしてもほめる力は付いていきます。

「こんにちは」「おはよう」の後に「今日は暑いですね」「素敵なネクタイですね」「センスのいいバッグですね」など、ひと言プラスすることで、会話が広がります。

高いトーク術がなくても出来ると思いませんか?

何気ない日常の会話の積み重ねで、コミュニケーション能力もアップしていきます。

 

 

7.雑談力を磨こう

 

雑談は一人では成立しません。

挨拶の代わりにひと言話すことからでいいのです。

それでは『裏木戸にたちかけし衣食住』を知っていますか?

お相手との会話ネタとなる12の頭文字をとったものです。

 

裏【裏話・秘話】

木【季節・気候・天気】

戸【道楽・趣味】

に【ニュース・スクープ】

た【旅・旅行】

ち【知人・有名人】

か【家族・家庭・生活】

け【健康・運動】

し【仕事・会社】

衣【衣服・ファッション】

食【食べ物・美味しいお店】

住【住居・建築・インテリア】

 

沈黙した際にこれを覚えておくと、どうしても話題に困った時に助かります。

トレーニングは日々の積み重ねですから、次回もあなたに会いと思われるようにトレーニングしてみましょう。

 

 

【今回のまとめ】

・お見合いの席での話し方はトレーニングで変わる

・表情も会話のひとつです、笑顔を忘れずに

・困ったときは【裏木戸にたちかけし衣食住】

 

☆婚活の秘訣を動画で配信!コスモスプリマリエYouTubeチャンネルはこちらから↓

★資料のご請求は下記の『資料請求』をクリックしてください。

お問合せ・婚活パーティのお申込み

Contact

個別相談会のご予約や資料請求・婚活パーティのお申込など、
お気軽にお問合せください。

View more